新規・失効・取り消しの自動車免許取得 格安・短期の自動車教習所 東京・埼玉 イツヤドライビングスクール

新規取得

新規取得

多くの方は、いろいろ比較して決めたいと思っています。
選ぶ方の条件によって、近場を探している人や合宿がいい人
仕事や学校の休みや空いた時間に予約が取りやすいところなど。
また、トータルの支払い金額を基準に判断している方も多いです。
全て条件を満たしている教習所を見つけるのは困難です。
しかし、当ドライビングスクールでは出来るだけ希望に沿った提案をしていきます。
出来ないこともありますが…( 笑 )

短期間で集中教習
通常の教習所は1日に1時間〜2時間です。
当ドライビングスクールは1日に4時間〜8時間の練習です。
しかも、毎日連続して入ることも可能です。
通常は2日〜3日の教習で仮免試験を受けに行きます。
仮免許取得後に路上教習を始めます。
2〜3週間で免許を取得する方も多いです。

通う苦痛が少ない
いくら自宅から近くても、細切れの予定に合わせて何十回も通うとなると負担が多いです。
学科の授業と運転の教習の間が1時間空くと時間を潰さなくてはなりません。
当ドライビングスクールは一度到着すれば、駅から往復の送迎と待ち時間なしのため少し距離がある方でも、ほとんど気にならないでしょう。

優しく丁寧な教習
その方に合わせた段階でどんどんレベルを上げていきますが、常に丁寧に何度でも教えていきます。
そのため、ほとんどの方は大変楽しく満足のいく教習をしていっています。

厳しい教習
矛盾すると感じられるかもしれませんが、
教え方は優しいですが、運転の技術に関しては高い精度を要求します。
特に怒ったりすることが、向上する訳ではありません。
なぜ、上手くいかないかの根本原因を見つけると簡単に向上します。

御希望の条件が合わない?
条件を教えてください。
納得できる御提案ができるかもしれません。
例えば、
[check] 仕事が前日にならないと予定がわからない。
[check] 予算が足りない。
[check] 通えるか自信がない。
[check] 1回教習を受けてみたい。
[check] 上達に自信がない。
など御問い合わせをしてください。



お客様の声
MA( 会社員26歳 )初心者基本プラン

この度は免許取得の面倒を見ていただき誠にありがとうございました。
また大変感謝しております。

どうしても直ぐに(安く)免許を取得したいという事情がありイツヤドライビングスクール様へ申し込みをさせて頂いたのですが、
私自身 仕事・育児等との両立での懸念、もしくは車に今まで関心がなかったことへの不安がとても大きく、
本当に実現できるのかと疑心暗鬼になっておりました。
(正直なところ、非公認というものが胡散臭くないかとさえ思っていました。)

しかし結論、申し込みからちょうど2ヶ月で免許取得が出来ました。
仮免1回、本免技能のみ2回、特定講習も合わせて 平日に休暇取得をしたのは計4日間でした。

教習の日時は希望に沿ってフレキシブルに対応をしていただき、土日にもかかわらず毎週恒常的に指導をしていただけます。
1日4Hという教習時間が恐らく私には合っていて、休憩を挟みつつ、間延びすることも無く、密度のある教習を受けることができたように感じます。

指導はとても優しく、簡潔かつ合理的に、合格する上での要点を漏れなく教えていただきました。

厳しいことを言われる覚悟で挑みはしたものの、実際には気軽に疑問を投げかけられるほどの雰囲気でむしろ安堵したのが強く印象に残っています。

限られた講習時間を無駄にせぬよう、いきなり(コース・路上共に)運転席に乗せられたことには腰が引けましたが、まさに『習うより慣れろ』で、それがある種最も効果的だったように思えます。

唯一、学科試験の準備(独学)は必ず自身でクリアにしておかなければなりませんが、最短で取る上では最重要であります。
(個人的には、教本とアプリ等で合わせて15時間程を要しました。)
教習の時間を浪費しない為にも、最大限の準備をして試験に挑むことを推奨したく存じます。

(車への関心・知識が薄く完全に未経験の私が、就労しながらにして文字通り『最短』で免許取得ができたのは、イツヤドライビングスクール様の合理的なご指導あってのものです。
(同様の境遇でもしお悩みの方がいらっしゃれば、必ず此方での教習申し込みをお薦めさせて頂きたいです。
(確実に安く、信頼がおけます。)

この度は、本当にありがとうございました。

※担当の教官は宮本です




どのような教習をするか?
教習所で何を練習するかを少し説明しますと、
免許センターで合格して免許取得するための練習です。
それは試験でいかに減点を少なく、そして最後まで走り終わるかです。
まず、まっすぐ走れなければいけません。
これは初心者の方はすぐ近くを見てしまうので、フラフラします。
遠くを見ながら運転できるように練習すると、結果として安定した走行ができます。
慣れてきたら直線では加速をして、カーブ前で十分に減速します。
メリハリが無いと試験には落ちます。
細い道ではゆっくり走りながら、コースから外れないように走ります。
そのほかにも、一時停止や踏切でしっかり止まって、安全確認をしていきます。
少し慣れれば、1つ1つは簡単です。
同時に2つ3つのことをするので、基本をしっかり練習をしていきます。 
練習中にうまくできなかった原因を適切に見つけていくと上達は早いです。
単に「 フラつかないで 」というのではなく、フラついた理由を見つけます。
上達していくと運転が楽しくなっていきます。
そして、あっという間に4時間以上が過ぎ、
「 こんなに時間が経ったの? 」と驚く人が多いですよ。
「 今日の教習はとても楽しかった。免許をとったら運転が楽しみです。 」
という声も非常に多く聞きます。
やはり楽しみながらしっかりと練習することが向上には必要です。
自信がない人でも最後には満足するでしょう。

一時停止
一時停止標識の路上に白線があるので、その手前で必ず停車します。止まる時間が短いと、止まっていないとみなされます。
赤信号の点滅
赤点滅は一時停止と同じと考えてください。
青の矢印信号
赤信号に青で矢印がでているときは車両のみが矢印方向に進行でき、他は赤信号です。
通行区分
通行帯が2つ以上ある場合は、原則として歩道側の第一走行区分帯( 左側 )を走行します。
坂道発進
坂道の途中で白線が引かれていますので、手前で一時停止をします。
サイドブレーキを引き車体がバックしないように発進します。
下り坂ではエンジンブレーキも効かせます。
優先判断
交通整理( 信号等 )が行われていない道路幅が同じ交差点に同時に車が進入しようとした場合は左の進入者が優先となります。
見通しの悪い交差点でもある場合がありますので、その際はジリジリ出していきます。
進路変更
後方をルームミラー、サイドミラーで確認する。
合図を出し、再度サイドミラーと目視で確認後ハンドルを切り始める。
*各都道府県の免許センターにより、サイドミラーと目視だけでいいところともあります。
( 合図を出してから3秒後にハンドルを切り始める。 )
右左折
右か左へ曲がる場合は、変えようとする地点の30m以上手前で曲がる方によっておく。
左折時は縁石から離れたり、脱輪( 縁石にぶつけること )しないように気を付けます。
*各都道府県の免許センターによって、どこまで寄せなければならないかが違います。
横断歩道
信号のない横断歩道に人がいれば、一時停止して歩行者を横断させなければなりません。

以下が、一般的な公認と非公認の違いです。

  公認非公認
学科教習決められたスケジュールの教習課程を最低26時限受ける。時間割がありその日時に行く必要がある。基本的に無し。希望者には実施している所あり。自習です。
全技能教習決められた教習課程をAT車限定は最低31時限、MT車は34時限受ける。トータル時間に決まりがない。仮免は試験準備が出来ていれば何時間でもいい。1日2〜3教習時間が多い。1日だけのお試し教習を受けられるところもあり。1日何時間でも可能。内容も自由。プランによっては公認より長時間練習できます。
教習期限教習開始日から9ヶ月以内に卒業する必要がある。教習期限を過ぎてしまったら、9ヶ月を過ぎてしまった項目の追加補習を受けなければならない。費用別途。特に無し。6ヶ月〜1年などの期限がある場合が多い。但し、仮免許の有効期限は半年である。
仮免学科試験教習所内で受験運転免許センターで受験
仮免技能試験教習所内で受験運転免許センターで受験
本免学科試験運転免許センターで受験運転免許センターで受験
本免技能試験教習所近辺の道路で実施運転免許センター近辺の路上で実施
教習の費用入所金、教習料、検定試験料などを含めて、約25万~35万円。教習日時の優先予約やスピード教習は別途費用がかかる場合が多い。検定試験を再受験する場合の試験料、補習授業には別途費用がかかる所もある。追加があれば40万円以上払う人もいる。時間制の所が多い。入所金含めると1時限(50分)5000円前後。約15万~25万円。入所金・事務手数料が別途発生するところが多い。受験料は別途免許センターに払います。
免許交付に必要な講習教習課程の中に含まれているので他に受講しに行く必要はない。本免技能試験受験前までに特定教習を受講 or 本免技能試験合格後に取得時講習を受講する必要がある。金額は1万5千円前後。場所により更に高いところあり。

上記は一般的な比較です。
場所や時期により金額や時間などは変わる場合があります。

最後にお伝えします。
私は初心者の時に一発試験で免許を取っています。
その時の苦労や、メリットを経験をいかし、
より安く、より早くそしてストレスの少ない免許取得を提供しています。

マニュアル( MT車 )とオートマ(AT車)とAT取得後に限定解除(MT)が選べますが
マニュアル( MT車 )で最初に試験を受けるのは非常に困難です。AT取得後に限定解除(MT)をお勧めします。詳しくは、お問い合わせください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional